Experimental crossbreed Live In velvet 20180616


velvetでのライブは久しぶり。
20年来の友人でありvelvetオーナーでありUNKNOWNのヴォーカリストであるトオル君よりお誘いいただいたライブ。私と彼は似ている(と思っている)し、バンドの在り方としても共通点がある。
それは、ある特定のジャンルをやっていた人たちだが特定ジャンルに飽きてしまい、自らのルーツを踏まえた上で自分たちにしか出来ない音楽を模索している点だろう。我がエクスペのルーツにはミクスチャーロックやテクノがありUNKNOWNのルーツにはパンク、ハードコアが大きく横たわっている。しかし両バンドとも現在はその範疇に収まらない音を作っている。なぜにUNKNOWNがそこを目指すのか?私にはわかる(つもり)。両バンドとも開かれた雑食性と誰かの真似ではないオリジナリティがある。
この日のフランスからのゲスト、nanorisk akatsukiとエクスペを対バンさせたい!との事で、そのトオル君より直々のオファー。

当日。17時よりリハーサル。問題点らしい問題点もなくいくつかの確認事項を確認し、リハは終了。王将で食事。

この日は前述のフランスからのnanorisk akatsuki、ベースレスのstripper、嶺南のフュージョンバンド、sscutown、そしてUNKNOWN。個性派バンドが揃っている。

トップで登場のsscutownはマーカス・ミラーのカヴァーを演奏しているとの事。全員の演奏力の高さに驚く。

続いて我がエクスペちゃんは2番手で20時30分ごろより。
「速い曲をやりたい」との私の要望にドラマーは困った顔をするが、そんな事は気にせず選曲。もう1曲ぐらい追加したかったが瞬間最大風速的なイメージで行くべく4曲。有無を言わせないような速さ、強さ、強靭な意思はロックバンドである我々に必須事項。大衆の前で演奏するような曲じゃない危険物でありたい。ちなみにこの日の平均BPMは異例の161.5。自分でも速いなーと思う事多数。
途中でSEの展開を見失い、曲のスタートタイミングを間違えそうになったが慌てて訂正。
古い曲もどんどんリアレンジしている途中だし、Helter-Skelter 21681122と9th ACID BLUESあたりはチェリー在籍時のハードコアな雰囲気からよりエレクトリックに変貌していると自負している。

この日のセットリスト
SE、Belly Of One Pig (Noisefull Day)
1、Helter-Skelter 21681122
2、地下室のメロディ
3、We Will World Wide Weirdo
4、9th ACID BLUES

終了後はnanorisk akatsukiのライブを見る。ステージ上にはドラマー1人だが、ドラムセットに取り付けたトリガーでサンプルを鳴らすシステム。なかなか巧妙に設定されたシステムで、トリガーと叩くドラムとの連動性を聴き分ける事が出来なかった。音源も良かったがこれはライブで体感した方が面白い。

その次はstripper。パンク、グランジの影響下にあるサウンド。ベーシストが不在でヴォーカル、ギタリスト、ドラマーのスリーピース。ギターの出力を分岐させてベースアンプでも鳴らすスタイル。こちらもなかなかサウンドメイクが達者で、パッと聴きベースレスだとは思えないぐらいの音圧。

トリはお馴染みUNKNOWN。
ロックンロールなギターリフにシンプルなダンスビート。暴れて歌う半裸(たまに全裸)のヴォーカリスト、踊るサックス。会場全体を巻き込んでのダンス大会。もはやハードコアやパンクロックとは言えないサウンドだが、どこからかそのニオイを感じる。以前よりも各楽器が聴き取りやすい。ギターの音域に埋もれていたサックスやヴォーカルも明瞭に聴こえてくる。終了後にギターの岩城君に聞いたら「ギターアンプを変えた」との事。ロックンロール・サーカスというイベント名を掲げるバンドだけの事はある。見事!

velvet/UNKNOWNのトオル君、対バンの皆様、来てくださったお客様にありがとうございました!
次回は7月にノーサイドでライブ。お誘いいただいたSTUPID PLOTS山口さん、Sakuaさん、ノーサイドのテツオさん、どうぞよろしくお願いします!

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply