Experimental crossbreed Live In HALLBEE 20171111


昨夜は福井ホールビーにて今年最後のエクスペちゃんライブ。
だからといって特別な何かは全く無いのだが、ここ数回のライブで得たスリーピースロックバンドとしての見せ方、聴かせ方をもっと強く実感したい。

やや早めの11時30分に会場入り。
主催バンドのplanet cubeがレコ発だが、今回発売のCDのレコーディングを私が担当したご縁でお誘いいただいたライブ。リハの順番が入れ替わり、我々は12時30分ごろよりリハーサルを開始。mac中心の機材に変えてからは初のホールビーでのライブで、PAの中条氏の見解が楽しみ。

中条氏とシンセのハイパスON、OFFについてのやりとりして終了。近年はドラマーの機材が増えて、バスドラとフロアタム以外はほぼ持ち込んでいる。エクスペに機材が多いイメージを持つ人がいるが、その要因は私ではなくドラマーに起因するものだ。

イベントが始まり、それぞれのバンドがそれぞれの在り方で魅力的な音を奏でる。イベントタイトルが「宇宙戦争」だったが、相応しいとも思える異種格闘戦が繰り広げられている。技量高い高校生バンドのゲウノウズ、個性派のモンゴリアンエイリアンズ、しっとりとした歌と鍵盤を聴かせてくれるas one like、オルタナティブな轟音ギターが心地よいPHASE、グッドメロディと疾走感溢れる演奏を聴かせてくれるx84に続いてのエクスペちゃん。
びっちりと埋まったホールビーのフロアからはバンドマンからの視線を感じる。歳を喰った我々だが、演奏やサウンドだけは若者には負けないつもりだ。

この日のセットリスト
SE、Belly Of One Pig (Noise Full Days)
1、Monsters From Mars
2、地下室のメロディ
3、We Will World Wide Weirdo
4、9th ACID BLUES

淡々とスピード感のある楽曲を演奏。ミスらしいミスも無く気持ちよく演奏出来たし、今後のサウンド的な課題をいくつか得る事が出来た有意義なライブだった。演奏が終わった瞬間にフロアから「ああ耳が幸せ」という声が聞こえてきて、そう感じて貰えたなら我々も幸せだ。

その後は東京よりunicycle duo、主催のplanet cubeがそれぞれに熱い演奏を聴かせてくれる。planet cubeはレコーディングした曲ももちろん演奏していたし、一緒に作業していた時を思い出す。あの時の3人の頑張りがこうしてCDになっているのに感動する。

主催のplanet cube、対バンの皆様、ホールビーの中条氏、みっちー、たくさんのお客様に感謝。年明け1月と2月に同じくホールビーでのライブが決まっている。
こちらも各位よろしくお願いします!

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply