Experimental crossbreed Live In おとなみ 20170729


29日は石川県小松市の大杉冒険のとりでにて行われたレイヴイベント「おとなみ」に出演。
炎JOYというファイヤーパフォーマンスの方よりお誘いがあり参加したイベント。企画者である俊さんも意欲的で熱意ある方だ。音響設備に不揃いがあるかもとの事だったが、彼の熱意に惹かれる。

当日は21時過ぎにオレンジルームにメンバーが集合。膨大な機材を車に乗せて小松に向かう。深夜帯のライブなのでこの時間の移動になるが、自分たちの活動の振れ幅に驚く。以前に出演した高校生のイベントだと夕方にライブが終わったりしたし、通常のライブだと21時前後の出演が多い。今回は深夜25時頃の予定。いろんな世代、音楽性を持った人達とご一緒出来るのは喜ばしい事だと思う。同世代とのライブも悪くないが、いつも同世代で昔からの友人とのライブというのはあまり希望しない。私は。会場の設備もそうだし、誰がどういうライブパフォーマンスをするのか?がわかりきったライブというのも刺激に欠ける。アウェイで何が起こるかわからない緊張感が欲しい。

22時30分ごろに到着予定が、会場の駐車場や道路が異常に狭いので遅延。さっそくのトラブル。ちょっとヒヤヒヤする瞬間がありつつも会場に車を停める事が出来た。会場入りは23時過ぎだったか。演奏する場所を確認して機材を搬入。ステージは狭いとは聞いていたがかなり狭い。ちょっと悩みつつも機材設営。狭いなりにステージ上での立ち位置を決める。

マイクやライン関係の機材とミキサーを結線。PAも居ないので自分でやる。夜露でぬかるんだ会場で転けそうになりながら慌てて結線。一応は完了。DJの方がプレイしているのでサウンドチェックはまだ出来ず。モニタースピーカーは在るものの結線する事が出来なかったとの事で、モニターナシの演奏になる。だんだん楽しくなってきた。これは試練だ。

DJとダンスが終了し、我々の時間。最近作り直したトランシーなCriminal Songを再生しつつ、ベースとドラムの音量を確認。思うようにシンセの音量が上がらない。ゲインやフェーダーにも問題は無さそうだが・・・。酔っ払っているBIG FACEのドラマー、リック鈴木が外音を確認してくれるとの事。ベテランのバンドマンなので思い切って任せる事にする。

この日のセットリスト
Criminal Song(サウンドチェック)
SE、Loop Guru Ⅱ
1、Belly Of One Pig (Ver.666)
2、Ego Dance
3、Helter-Skelter 21681122
4、地下室のメロディ
5、We Will World Wide Weirdo

今回より私の機材が一新。MACとCubase中心の機材となった。新しくなった機材も調整を繰り返したので、演奏そのものは極端なトラブルは無く終了。
3曲目、Helter-Skelter 21681122より前述のファイヤーパフォーマンス集団、炎JOYが登場。数年前よりコラボしたかったグループとご一緒出来たのが嬉しい。

(演奏中なのだが)ステージを離れ外音の確認に行くと、やはりシンセが小さく、ベースとドラムが大きい。ミキサー卓のところに走り再度調整。全体の音量が低いのが気になるがまとまりは良くなった。機材が新しくなった事とシンセの音量が低いのは無関係なのだが、(ちゃんとライブ用のミキサーフェーダーは上がってたし。)音響設備のどこかに何らかの問題があったのだろう。トラブルもあったしサウンド的にも完璧とは言い難かったライブだったが、強敵に出会った時の孫悟空のようにワクワクしていたのも事実。
どうにかこうにか終了。

企画者の俊さんとスタッフ各位、炎JOYのやっさん、BIG FACEのリック、出演DJ、ダンサーの皆様、出店していたお店の方、たくさんのお客様、ありがとうございました!

次回は9月17日に福井のクリーンセンターでまたも野外。こちらも関係各位、よろしくお願いします!

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply