Experimental crossbreed 3/4 LIVE IN 響きのホール 20160130


昨日はExperimental crossbreedの今年初ライブであり、3人での初のライブ。
10年間4人で活動していた我々Experimental crossbreedだが、今年よりギターのチェリーの事情で他3人でライブをする事もありそうだ。脱退ではない。この3人での活動は暫定的な別ユニットと理解していただきたい。なので今後は3人でのライブは無いかも知れないし4人でのライブが減るのかも知れない。ライブの日程とチェリーのタイミングが合うかどうかだ。

さて、3人でのExperimental crossbreed 3/4だが、ギターレスなので、ギターリフで構成されている楽曲は演奏出来そうにない。ギターの演奏を録音して再生するのはナンセンスだし。バンド名義が4人中の3人という意味で「3/4」を名乗っているが、肝心の音楽までが「3/4」になるわけにはいかない。3人で成り立つ楽曲を作る必要がある。ギターが入っていない、あるいは重要視しなくていいジャンルの音楽を探る事にした。ヒップホップやクラッブミュージックにはドラムとベースだけで成立している楽曲も多いので、それらを参考にしつつ、3人の持ち味を発揮出来る楽曲を目指すべきだろう。
具体的な方法としては、ベースのディストーションを大幅にかけてギターの周波数を補う、シンセの上モノのヴォリュームやEQを調整するなど・・・がそれだ。
まだ他にも試せていない方法論があるので、今後も3人でのライブがあるようなら試してみる。要するに試行錯誤の模索中。

約一ヶ月、3人ヴァージョンを試行錯誤した通過点でのライブが昨日の響きのホール。
なんと、高校生バンドのイベントのゲストとしてのライブ。相当アウェイな環境だが、仲間内でのライブでは味わえない刺激がありそうだ。

午前10時40分に会場入り。メンバーで機材搬入をするもビルのような階層のホール。膨大な機材を搬入するだけで疲労困憊。
若い対バンや響きのホールのスタッフさんにご挨拶をしてリハーサル。かなり昔に同会場でライブをした時の音響を思い出しつつ、PAさんとやり取り。前回よりもずっといい感触。

我々の出番は8バンド中の4番手。16時30分ごろより。私のステージでの立ち位置がセンターから上手、いわゆるギター側に変更になるのでちょっとした違和感。多くの高校生たちを意識した横浜銀蝿のつっぱりハイスクールロックンロールを登場SEに我々の演奏が始まる。新人バンドの気分だ。

この日のセットリスト
SE、Belly Of One Pig (Noise Full Day)
1、Belly Of One Pig.ver666
2、Monsters From Mars
3、(I’m Not In) Eden
4、Storma

アッパーな曲やハードコアパンクよりのヘヴィな曲は無く、スロー~ミドルテンポの曲を中心としたセットリスト。ヒップホップ、アブストラクト、ジャズ寄りのグルーヴを提示したい。ただ、初期からエクスペが持っていた破天荒なアレンジは今後も残していきたい。また、今後はダブステップの要素も取り入れてみたい。

高校生が殆どのフロアに我々のサウンドがどう聴こえたのか?対バンの方からはいくつか好意的なお言葉もいただいたし、音楽的な質問なども受けた。異色なアクトとして存在を認められたのかも知れない。出演出来て良かったライブだった。

次のライブが3人なのか4人での演奏なのかはわからない。いずれにせよ理想の音に近づくべく切磋琢磨するのみだ。

昨日は対バンの皆様、響きのホールのスタッフの皆様、来てくださった方々、ありがとうございました!

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply