エクスペケセテネ LIVE IN CHOP 20141228


昨夜は我がExperimental crossbreedと若手インストロックバンド、ekeseteneの混合ユニットであるエクスペケセテネのライブ。メンバーは私とドラマーの魚見氏、ekeseteneよりギターのジュンキ氏、ゴロー氏、ベースのみっと氏の合計5名。
この混合バンドの結成由来は、エクスペドラマーとekeseteneベースが某中華料理屋で意気投合した事がきっかけ。私はシューゲイザーと呼ばれるジャンルの音楽は好きだったし、変拍子は両バンド共に取り入れている。歌や言葉ではなくサウンドで世界観を構築するという意味では共通項の多い2バンドなのかも知れない。

この日の入り時間は15時30分。聡明な私は小一時間ほど早く家を出て、チョップの近くのカフェで優雅にランチ。美味しい食事を食べてやる気を整える。この時点で眠い。

定刻にチョップに到着。腰痛を気遣いつつ重量級の機材を搬入。福井で一番トリが似合うバンド、トリンカファイヴのナオキ氏っぽく言うと「しーこーがたいいー」(腰が痛いの意味)。

スタジオ練習は何度もしたし、楽曲のイメージも充分につかんだ。慣れているエクスペメンバーではないので、入念にリハーサルすべきだ。ギター2本の音量やシンセのボリュームを何度か確認して終了。

我々の出演時間は3番目。定刻である19時40分を少し過ぎた頃に出番。

この日のセットリスト。
1、Youth (ekesetene)
2、(I’m Not In)Eden (Experimental crossbreed)
3、Shelter (ekesetene)
4、Helter-Skelter 21681122 (Experimental crossbreed)

エクスペ、ekeseteneよりそれぞれ2曲ずつの選曲。
演奏の方はどうだっただろうか?個人的にはいつもの様に淡々と演奏してみた。

次回のエクスペケセテネでのライブ予定は無いが、たなちゅー、チェリー、トタンの3名でのエクスペケセテネをやってくれたら、こんなに嬉しいことはない。

こんな突拍子もない企画バンドを快諾してくれたエクスペ、ekeseteneのメンバー、チョップスタッフ、対バンの皆様、天候が悪い中集まってくださったお客様に感謝感謝。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply